こんにちは!

遊んでいると、面白いことがたくさんありますね・・・。

 

「せんせーい! 先生の近くでキャンプします!」

 

「はい、どうぞ。」と伝えました。

 

 

その結果・・・ 相当な数の物が持ち込まれ、キャンプがスタートしました♪

あるお友だちは、

 

「コーヒー作ったよ!」

と、穴から押し出すと挽かれた粉のコーヒーがでてくる本物のようなものを作ったり、焼き台も作って本格的でした。

日々の生活の経験や体験が遊びの中でも活かされているのかな?と感じる一幕です☆

 

 

こちらは、ひつじさんのお友だちwithにじ・たんぽぽさん♪

お気づきになりましたでしょうか?

スタイにニット帽・・・笑

このスタイルで過ごしたかったようで、少しの間、この服装で過ごしました。

寒いからと、見た目に変わってるからと、みんなと同じにする必要はあるでしょうか・・・?

自分を表現できる環境があり、それを受け止められることが感じられる関わり、生活、環境が子どもの育ちを豊かにしていきます。

 

 

 

 

また、こちらは室内。

ちょうど良い「隙間」を見つけた、ひつじ組の男の子。

そこに積み木を入れるとあら不思議。スルッと積み木が転がっていきます。

 

それがちょうど良いのなんの。面白く、楽しく、男の子は何度も何度も隙間を探し見つけては転がして楽しみました(*^-^*)

この際に感じたのは、ただ見守るだけではなく、「ちょうど良いかな~?」

「あれ? なくなったよ~?」という、子どもの動きに合わせた声掛けです♪

 

 

子どもの思い、考えを汲み取りながら関わることの大切さを、この遊びの一幕から思わされます☆